生活という雑記

家で使える「食材の仕込み術」

みなさん自炊はしますか?

僕は飲食店を辞めた今、ほぼ自炊をしています。

たまにめんどくさくてインスタントラーメンとかありますけどねww

自炊をしない理由はこれですよね。

めんどくさい

今回は主婦の方、一人暮らしの方、同棲中のカップル
どんな方でも使える方法を書いていきます。

この記事は、自炊をする時のめんどくささを軽くするために、あらかじめ準備しておくというものです。
タッパ、ラップなど必要です。
また、準備すらもめんどくさいという方には向かないかと思います。

めんどくさいは1回にまとめよう

家には冷凍冷蔵庫があると思います。
ここに食材をストックしていきます。

ただし、ただ仕込んでいくわけではありません。

作るときのことを考えてポーションを作っていきます。

ポーションとは

一人分の量でまとめたものになります。
これを作ることにより、利益を確保しやすくなり、注文のレスポンスも上がります。

利益の確保は、食べれなくて捨てる分を減らすことに使えます。
注文のレスポンスが『めんどくさい』を減らすことができます。

材料ごとに小分けにしていく

例えば、ほうれん草を買ったとして、その日に使わない場合は割と大きい為、冷蔵庫の中で邪魔になるかと思います。
というわけで、ほうれん草は茹でちゃいましょう。
茹でたら冷水でしめてタッパもしくはラップで小分けにして冷凍庫に保存します。

これで、味噌汁の時でも入れるだけ、炒める時はレンジでチンッで使えます。

このように、使う時に楽に使えるようにしてると、気持ちが楽です。

作りながら準備をする

準備に時間を割いてられない方もいると思います。
そういう方は、ご飯を作りながら準備をします。

例えば、料理に多く使える玉ねぎ
2人前くらいなら半玉で十分だと思います。

なら、その半玉どうしますか?

ラップに包みますよね。
それを、1袋分一気にしてしまいます。

1袋大体3〜4つです。
煮込んでる途中など手の開く時にしてしまえば、そこまで苦ではありません。

保存はしっかりと

保存しているものが傷んでしまっては意味がありません。

水分、空気に気をつけて保存してください。
また、冷蔵庫の風(冷風)は葉物に当たると劣化してしまいます。

直接当たらないようにラップ、タッパーに入れましょう。

こちらもどうぞ