生活という雑記

なぜ爪を噛んでしまうのか

爪を噛む人っていますよね。

それは男性に多いみたいです。
周りから見ても、見ていてあまりいいものではありませんよね。

という僕も爪を噛むんですけどね。

今回は、爪を噛む人のことを僕視点で書いていきます。

正直、爪を噛むのはやめたい

やめたいです
ぶっちゃけ、噛んで深爪なんかなったら痛いですから。

でも気づいたら噛んじゃってるんですよね。

やめようと、テーピング巻いたりしたんですけどね
そんなことすると、意識がそっちに行くじゃないですか?

「あーテーピング巻いてるなぁ」ってなるとダメなんです。

ダメと言われたらしたくなる、あの感覚が広がるんです。少しイライラします。

爪が噛みたいわけじゃない

そもそも、僕の場合は『爪を噛む』ってよりは、『噛み癖がある』の方が近いです。

何かしてて、手が塞がってたとすると、口の中の痛くない所舌の横の方を無意識に噛んでます。

でも、ストローとかは噛まないんですよね。
自分でも何故なのかは分かりませんけど。

じゃあどうして爪を噛むのかって聞かれると、一番噛みやすいし、噛んだ場所が気になるからですね。

爪を噛む人がストレス溜まってるという偏見

正直、そんなにストレス溜まってないです。

噛んだ後の方が痛くてイライラすること多いから
ストレスで噛んでるってよりは、噛むからストレスになるの方が正しいんじゃないかなと思います。

対策ってある?

簡単なのが、口に物を入れることだと思います。

そしたら、口に手を持っていくことが少なくなるので。

あとは、なんとなく行動するのをやめることですかね。

ぼーっと携帯を見てる時とかに噛んでること多いのでその時間を無くせばいいのではないかと思います。

辞めさせたいんですけど、どうしたらいいですか?という方へ

気づかれないようにそういう風に仕向けてください。

言葉で言っても治るものじゃないですし、意識するとストレスになります。

そこまでできないなら口出ししない方がいいですよ。

癖は意識を変えないと息するようにしちゃいますから、本人の問題です。

なんで書いたのか

これは、僕の備忘録です。

よくみる所に残した方が見ると思ったので書きました。
誰かの力になれる記事かわかりませんが、今日から噛み癖を克服していきたいと思います。

こちらもどうぞ