犬が吐いた 白い泡の正体は?大丈夫な嘔吐と危険な嘔吐

犬は吐くことが多い動物です。

また、元気だけど嘔吐をすることなどもあります。

普段の様子をよく観察して、愛犬の異常に気づいてあげられるようになりましょう。

ここでは、様子を見ても大丈夫なものと、病院に連れて行った方がいいものを分けてご説明します。
ただ、愛犬が心配だ。という方はすぐに病院に連れて行ってあげてください。

吐いても様子を見て大丈夫なもの

早食いによる吐き戻し

たまに、とても早食いをする子がいます。

うちの子もなのですが、ドッグフード(カリカリ)をほとんど噛まずにがっつくような食べ方をします。

人間でもそうですが、丸呑みすると、食べ物が戻ってくる感じがありますよね。

その結果、嘔吐(吐き出し)をしてしまいます。

対処法

吐き出しの対処法は、早食いをさせないことです。

少し食べたら、お皿を引くを繰り返してみましょう。うちの子はこれである程度改善できました。

ただ、食べ物を取られると思い怒ってくるワンちゃんもいるので、そういう子には口の狭いお皿であげてみてください。

食べにくいため、食事のスピードがある程度落ちます。

黄色または、白い泡の嘔吐

黄色い吐物は胆汁、白い泡の吐物は胃液です。

空腹時に胆汁や胃液が逆流して起こる嘔吐です。

うちの子も何度かありましたが、吐いた後でも割と元気です。もしくは、自分の布団に吐いてしまい落ち込むくらいで、掃除をすると元気になります。

僕らも空腹時は胃がキリキリしたり嘔吐(えづ)いたりします

対処法

1回の食事の量または、食事の回数を増やしましょう。

自分はしっかりあげていると思っていてもワンちゃんには量が足りていなかったり、一気には食べれないけど、1日この量では少ないなんてこともあるかもしれません。

ワンちゃんの食事スタイルを見て、こちらが合わせてあげましょう。

病院に連れて行った方がいい嘔吐

病院に連れて行った方がいいものには、吐物の状態の他に、吐いた状況によって連れて行った方がいいものもあります。

白い泡だけだからなどと安心せずに誤飲の可能性も考えて状況判断をしましょう。

血が混じった吐物

血が混じったものを吐く場合は、食道や胃に異常がある可能性があります。

また、嘔吐の際に下痢を伴うことも多く、消化器系の病気になっている可能性が高いため、早めに病院に連れて行きましょう。

毎食後の吐き出し

毎食後吐き出した時は胃捻転や、胃に食物が到達できない異常がある可能性が考えられます。

吐き出しですが、早食いの時とは違うので、続くようでしたら病院へ連れて行きましょう。

嘔吐後に犬がぐったりしている

嘔吐後にワンちゃんがぐったりとしてる時は、要注意です。

腎臓などの器官に異常がある場合があります。

服薬後や特定のものを食べてからの嘔吐

服薬後に吐いてしまう。特定のものを食べると吐いてしまうという場合には、アレルギーが考えられます。

特にチーズなどはアレルギーを持つ子が多いので注意が必要です。

薬が原因の場合は、処方してもらった動物病院に相談に行きましょう。

散歩後や目を離した際の突然の嘔吐

散歩後の嘔吐や目を離した際の嘔吐は誤飲による嘔吐の可能性があります。

また、外の草には薬液が散布されている可能性があるので中毒症状の注意が必要です。

おもちゃの誤飲は食道や胃に傷ができている可能性があるので放っておくと危険です。

愛犬が吐いた場合は、基本的に病院に連れて行くことを視野に入れましょう

吐いたからといって、飼い主が焦ってはいけません。

犬はよく吐くものと思い、落ち着いて、観察しましょう。

吐いた状況や吐いたものなど記録、写真に残しておくと病院に行った時説明しやすいです。

わからない時は、どうあれ迷わず病院に連れて行ってください。

素人目で見るより、獣医さんに頼む方が安心です。

こちらもどうぞ