ペットのあれこれ

犬のための室内環境作り

犬との生活が始まるのはとてもワクワクします。

しかし、初めて犬を飼う方は、何を準備したらいいのか分からないことが、多くあると思います。

今回は、犬と人間が生活しやすい室内環境の作り方を僕の経験を元にお話します。

犬の目線で危険なものは何か?

犬と人間の目線の高さは違います。

全国的に多く飼育されている小型犬、中型犬は人間の脛あたりから膝くらいの目線です。大型犬は腰辺りが目線になります。

人間にはなんともないところでも、犬にとって危ない場所がないか、犬の目線になって探してみましょう。

机・椅子

背が高い机は問題ありませんが、背が低い机(こたつ等)は犬の目線の高さになります。
椅子も同様です。

角にスポンジをつける等して、ぶつけても怪我をしないようにしましょう。

もしくは、その部屋で暴れないように躾をすることも有効です。

飛び乗れる場所

犬の跳躍力は1mほどあります。

ベッドや机なんて簡単に飛び乗れてしまいます。

ただ、猫と違い、着地に対する柔軟性は持ち合せてないので、落ちた時に骨折などの危険性があります。

また、ダックスなどの短足犬は、腰に負担がかかり、ヘルニアになる恐れがあります。

対策としては、踏み台を作り、そこから登り降りしてもらう。
机や椅子には乗らないように躾をするというのがあります。

フローリング

最近は畳の部屋というのが少なくなってきていて、フローリングが多いです。

肉球がしっかりと出ている犬は滑りにくいですが、足裏の毛が伸びていて、肉球が隠れてしまっている犬は滑ってしまいます。

トリミングをする事が大事ですが、床にマットを敷く事で滑りにくくすることもできます。

僕の家では、犬がよく活動する範囲にマットを敷いています。

犬の目線は赤ちゃんと同じになるとわかりやすい

犬の危険対策は、人間の赤ちゃんと同じ目線になるとわかりやすいです。

家の中をハイハイで歩いてみると、気づくことがあるので参考にしてみてください。

こちらもどうぞ