ペットのあれこれ

猫砂はベントナイトとチップ型どちらがいいのか?

猫のトイレに敷く猫砂には色々な種類がありますが

・固まるタイプの砂(ベントナイト)

・木材で作られたチップ状の砂

大きく分けるとこの2つです。

我が家では、トイレの形状に合わせて両方とも使っています。

トイレの形状は、トレー型と、蓋付きトイレの2種類です。

2つのトイレにメリットデメリットについては、以下の記事を参照ください。

【猫のトイレ比較】蓋付きとトレー型、どちらがいいのか?

ほづみ
ほづみ
猫的に、どっちの方がいいの?

ちまき
ちまき
大きい方か小さい方かで使い分けてる。おはぎはチップが好きみたい

ほづみ
ほづみ
猫それぞれって感じか

シリカゲルの猫砂

ベントナイトの砂の特徴は、おしっこで固まるところです。

また、消臭剤が入ってることもあり、猫のおしっこやうんちの臭いがあまりしない事も特徴です。

ベントナイトの猫砂は、粒が細かいため、網目のあるシステムトイレには、あまり向きません。

注意

中には大きい球のタイプもあるので、一概に使えないということはありません。

僕の家では、蓋付のトイレに使っています。

蓋付きトイレ

写真の通り、猫がトイレをする場所の下に受け皿がありません。

そのため、固まる砂の方が、掃除が楽になります。

ベントナイトの猫砂は排泄の状況が分かりやすい

おしっこで固まるので、猫が1回にしたおしっこの量と、1日にしたおしっこの回数が砂の状態で分かります。

ベントナイトで分かる排泄状況

・回数

・量

記録もつけやすく、掃除の時に確認できるので、健康状態の観察に向いています。

ベントナイトの猫砂は、崩れる事がある

1日では崩れませんが、猫が踏むとボロボロになってしまいます。

また、同じ砂を使っていると、砂が固まりにくくなるため、2週間〜1ヶ月の間に、1度全部交換をした方がいいです。

ほづみ
ほづみ
僕の家では、大体2週間に1度全てを変えています。

ベントナイト猫砂のメリット

・排泄の状況が分かりやすい

・臭いがあまりしない

・掃除が簡単

ベントナイト猫砂のデメリット

・猫砂を入れ替える時に、砂が舞って吸い込む事がある

ほづみ
ほづみ
僕は、臭いがないので、たまにトイレの掃除を忘れちゃう事があります。

その時は、猫が教えてくれますけど、申し訳ない気持ちになりますね。

僕が使ってるのはこちら

チップ型の猫砂

チップ型の猫砂の特徴は、猫砂が清潔に保たれる事です。

おしっこが受け皿のトレーに流れるので、猫の足が汚れにくいのも特徴です。

僕の家の猫たちは、チップ型が好きなようで、トイレの使用頻度はチップ型の方が多いです。

チップタイプは、ボロボロになる事がなく清潔を保ちやすい

原料が木の為、砂自体が崩れません。

最初の形を保ってくれる為、細かくなる事がなく、掃除の時に砂が舞わないので、人間が吸い込むこむ事が無くなります。

ほづみ
ほづみ
砂を吸い込んだら、鼻が痛くなるほど臭いです。

チップに消臭効果はあるが、掃除を徹底しないと臭いが出る

チップ型の猫砂は、おしっこを吸収せずに下に流します。

チップは針葉樹で作られてる事が多く、排泄物の臭いがあまり出ませんが、使っているものが古いと、消臭効果も薄れてきます。

すると、下に溜まったおしっこの臭いが、上がってくるので、トイレの周りがとても臭くなってしまいます。

おしっこを下に流すと言っても、チップ自体も微量のおしっこを吸収します。
吸収したチップを取っていない場合は、そのチップが原因で臭いが発生します。

ほづみ
ほづみ
猫のおしっこは、人間や犬と違って刺激臭が強いです。中学校の時に嗅いだアンモニア臭に近いものがあります。

チップ型のメリット

・部屋の空気が、チップによって汚れない

・猫の足にチップが付かない為、部屋の中が汚れにくい

チップ型のデメリット

・掃除で手を抜くと、部屋中が臭くなる

僕が使ってるのはこちら

どっちの猫砂がいいかは、トイレ次第

猫は賢く、トイレと猫砂を置いておけば、その場所でトイレをしてくれます。

飼い主の生活に合わせて

トイレの種類から、猫砂を決める。

猫砂の特徴から、トイレを決める。

と、いいと思います。

ほづみ
ほづみ
僕のオススメは、トイレの種類から決める事です。

猫砂のまとめ

・ベントナイトタイプは、システムトイレ以外のトイレ

・チップタイプはシステムトイレ

こちらもどうぞ