ペットのあれこれ

犬のセルフカット

犬の毛は時間とともに伸びていきます。

長毛犬(トリミング犬)はもちろんですが、短毛犬もある程度のトリミングが必要です。

犬のトリミングは慣れてくると、ある程度できますが、ハサミやバリカンなどを使うので、犬を傷つけてしまう可能性があります。

最初のうちはもちろんですが、慣れてきても気を抜かないようにしましょう。

また、セルフカットできると言っても、行きつけのトリミングサロンを1つは作っておきましょう。相談ができるところは必要です。

犬のセルフカットに必要なもの

カット前

犬のカットには、ハサミやバリカンの他にクシ、シャンプーなども必要です。

ハサミ

目の周りや口元をカットするのに必要になります。

バリカン

体全体の毛を刈るのに使います。

クシ(コーム・ブラシ)

刈った毛をある程度落とす為に使います。

シャンプー

シャンプーは、その子に合う合わないがあるので、合うものを選んであげてください。

我が家では、こちらのシャンプーを使っています。

普段からスキンシップをとっておこう

トリミング後の犬
カット後のモナカ

犬を知るには、日頃からのブラッシングなどのスキンシップが大切です。

ブラッシングをしたり、歯磨きをしたり、犬と触れ合っておくことで、犬の触られたくない場所や、犬の毛並み、毛が絡まりやすいところがわかると思います。

こちらもどうぞ