ペットのあれこれ

【犬の睡眠】これって病気?いつも寝てる犬には理由がある

うちの犬は寝てばかりいて、全然動こうとしない。もしかして病気じゃないかしら?

犬を飼っていると、寝てばかりで心配になる時があります。

実際、僕の飼ってる犬も日中は基本的に寝ています。
ご飯やおやつ、散歩の時間に起きて、夜は僕と同じ時間に寝るのが犬の生活サイクルです。

最初は何かの病気かと思いましたが、健康診断では健康そのものです。

では、なぜ犬は長く睡眠をとるのでしょうか?

理由は犬の睡眠方法にあります。

この記事では、犬の睡眠と、病気を疑った方がいい睡眠を説明します。

犬の睡眠時間が長いのは、睡眠の質が悪いから

寝てる犬

睡眠の質が悪いと言うのは少し語弊があるかもしれません。

犬の平均睡眠時間は約15時間になります。その中で7〜8割が浅い眠りです。

犬の睡眠に対して人間の睡眠の7〜8割は深い眠りです。

犬が人間の倍くらい睡眠が必要なのは納得いきますね。

犬の眠りが浅いのは野生の名残?

写真の様に、犬の寝方は顎を地面につけた姿勢です。

これは、振動が顎の骨に伝わって、危険を察知できるようにする為です。

寝てる犬の横を通ると、顔を上げるのはこの為です。

こんな風にお腹を出して寝るときもありますが、完全に気を抜いてるので、飼い主さんは喜んでください。

病気を疑った方がいい睡眠

僕の飼ってる犬は、寝言を言いますし、いびきもかきます。

筋肉痙攣によって、ビクビクッと震える事がありますが、熟睡出来てる証拠です。

では、睡眠時間が長く病気かもしれない睡眠はどの様な睡眠でしょう?

睡眠時間が長く、起きてる時もぐったりしてたら要注意

寝る時間が長い、いつもの時間に起きてこない。それだけじゃなく、ご飯やおやつをあげても見向きもしなかったら要注意です。

体調不良を寝ることによって治そうとしているかもしれません。

モナカ
モナカ
流石にここまでなったら気付くとは思いますけど、私達は体調不良を隠します。

気付いた時には手遅れってことがあるかもしれません。

寝言やいびきも危険?

僕の飼っている犬は、寝言やいびきがあると言いましたが、毎日、頻繁にあるわけではありません。

激しく吠える様な寝言や、長く続くいびきは獣医さんに診せる事を検討してください。

その時に動画で残しておくと診察の役に立ちます。

こちらもどうぞ